受付時間 10:00~18:00(土日祝日除く)
TEL
Menu

NEWSお知らせ

2021-09-04
ブログ
役割は違えど、目的は一緒

「結局、営業って何やってんの?」

事務職のお姉さま方に、ご飯を食べながら言われた営業時代。
それはそれは、先輩営業の文句を肴に飲まれていました。

彼女達からすると、
お酒飲んだり、ゴルフ行ったり、
一見遊んでばかりに見える営業は、
一体外で何をやってるの?という感じになっていたようです。

ただ、営業側からすると
事務職は社内でお喋りしているなら、
営業がお客さんにやらされている仕事を手伝ってよ!
と思うわけです。

どちらの立場も経験して言える事は、

どっちも
「大事なコミュニケーション」であるということ。

営業がビジネスだけの話を
お客さんとしていては、
人となりが見えずに息苦しい。

事務が全くの無言で、
とにかく仕事だけをこなされていては、
相談も出来ずに息苦しい。

コミュニケーションは、
人同士のビジネスを円滑にするための
土壌づくりの様なもの。

では、
結果を作らないといけない営業
ミスを犯してはいけない事務

両者の良好なコミュニケーションのコツは
まずは、互いのやっている仕事を
知りたい気持ちを持つ事から始まります。

そうそう。
上記の飲み会で固有名詞が出たI課長は、

「あの人、外回りに出て行って、
髪の毛さっぱりして帰ってきてるんやで!」

時間に裁量がある営業職の皆さん、
社内の方に不信感を持たれる行動は控えめに。