受付時間 10:00~18:00(土日祝日除く)
TEL
Menu

NEWSお知らせ

2021-09-09
ブログ
ゴールは動き続けているから、走り続けられるペースを

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございます。

「もういいや。どうでも。」

コロナが長引き、多かれ少なかれ、こんな感情になった事はないでしょうか?

「もういいや。どうでも。」

コロナが長引き、多かれ少なかれ、こんな感情になった事はないでしょうか?
私自身はあります。
どんな時にあったのか。振り返ると沢山準備をして、打ち合わせをして、多くの時間を割いてきたことが中止になったり、延期になってしまった瞬間です。

そのゴールに向かって、走り続けていたからこそ、ゴールポストが動いた瞬間、全部が嫌になってしまったのです。

皆で何かを行い、自分自身が何かを決める立場だと、さらに悩ましい。
自分一人ならやってしまいたいけど、何をやるにしてもリスクは当然ゼロではない。
「大丈夫なんですか?」という意見には、何も言えなくなります。

では、何もやらないままで良いのか?

動かない状態を一度作ってしまうと、そこから起き上がるのは本当に大変です。
今、「めんどくさい」という感情に自身を絡めとられてはいけません。

もしも、今社員の中に「めんどくさい」状態になってしまっている人が居るかも、
と考えられるのなら、

会議・オンライン飲み会・マンツーマン面談、もう何でも良いので、そこは社長の強制力で顔を合わせて話す機会を作ってみてはいかがでしょうか。

そこから、定期的に何かを考える機会を作り、会社の状況によってリアルがやりやすい。
オンラインの方がやりやすいなどはあると思います。そこは是非、「続ける」事を目的にする事をお勧めします。

そして、何かを出来ないかを考えてみる事。
コロナが長引いている事で「リアルのままで絶対に出来る」という前提を取り除く。
そこを考えておく目的は、全ては関わる人のモチベーションを保つ為です。

どんな状態でも仕事を作りに行く。

経営者の方が、今悩んでいる事を社員全員で共有し、動いていける為の素地作りが会社全員のモチベーションです。

モチベーションに火を付ける為に、何が出来ますか?