受付時間 10:00~18:00(土日祝日除く)
TEL
Menu

NEWSお知らせ

2021-09-13
ブログ
変化と工夫と知恵と

ブログをご覧になって頂き、ありがとうございました。

「そこ、行く必要あるの?」

こんな言葉を言われて、カチンときた思い出があります。

営業職3年目。
言ってきた相手は、人事部の方。

当時、営業職の残業時間を削減しようと、
躍起になっていて個別面談の際に言われたのでした。

その時、
「数字に追われてもないくせに!」
生意気にそんな風に思っていました。

毎月毎月追ってくる予算の不安から、
逃げる様にお客さんの所に行き、
とにかく訪問を重ねていました。

ただ、今から思えば、
この人事の方の話は良くわかります。

実際、その訪問が売上に
繋がっているのかどうかなんて、
検証もしていません。

訪問が正しいのか。
電話で良いのか。
メールでも良かったんじゃないか。

周囲から見ていれば、意味の無い事が
本人にとっては「絶対」になっているなんて、
良くある事です。

ただ私は、その時その言葉をその人から
受け止める事が出来なかっただけ。

コロナ禍では、「今まで」が通じなくなっています。

だからこそ、今までの時間の使い方を見直し、
考える必要があります。

結局、会社の残業問題は、
営業がいくら言っても残業を止めないので、
強制的に支店長が動けない状況を作った事で
終わったのでした。

残業で訪問出来なくなった私が取った行動は、
お客さんに「手紙を書く」事でした。

何で訪問してたかって、
結局お客さんと仲良くなって関係性を
スムーズにしておきたい事に気付いたから。

新入社員の時に、
当時の支店長に叩き込まれた習慣を思い出したのでした。

環境の変化は、考えるチャンスをくれます。

どんな変化を与え、どんな工夫を生み出しますか?